小児歯科

小児歯科は主に乳幼児から小学校6年生までのお子様を対象にむし歯治療からむし歯の予防、歯並びの問題まで対応しております。

乳歯は永久歯に比べて未発達なもので、永久歯よりもむし歯の進行が早くなります。また、お子様は長時間の治療に耐えるのが難しかったり、お口が小さく治療器具がなかなか入りにくい場合があります。

そこで重要になってくるのが定期検診と予防です。むし歯の予防としては・・・ シーラントフッ素塗布 があります。特にこの治療法は六歳臼歯を守るために重要となります。六歳臼歯は永久歯の正しい歯並びの基準となります。ところが乳歯の奥に生えてくるため、なかなか見えずらくブラッシングもしにくくなります。 乳歯はもちろんのこと、六歳臼歯を守るために予防処置は非常に大切なものとなります。

キッズスペース完備です。

シーラント

シーラントとは主に生えたての六歳臼歯に行うもので溝の深い部分、歯ブラシの届かない部分を歯科用プラスチックでふさぐ方法です。あらかじめ溝をプラスチックでふさぎ、むし歯を予防します。

フッ素塗布

フッ素を塗布することによって歯の表面のエナメル質が強化され、ミュータンス菌の酸で溶かされることを防ぐことができます。さらに、初期むし歯の再石灰化を促進することが出来ます。

保護者様へ・・・

・ご家族で全員で歯の大事さを話し合いお父さん、お母さんもご自身の治療に励んでください。
・お子様に「歯を治すことは健康のため大事なこと」とお話をしてあげてください。
・治療ができたら「がんばったね」とお子様を優しくほめてあげて下さい。