滅菌システム

滅菌・消毒は、歯科医院の最大の良心です。

当院では、患者さんのお口に入る全ての診療機器、器械を滅菌処理し、徹底した感染対策に取り組んでいます。

現在、歯科医院の滅菌・消毒業務には、診療報酬がありません。

その為、滅菌・消毒に熱心に取り組めば取り組むほど、費用がかさみます。

それでも、当院は、患者さんの安心・安全を最優先と考え、感染症予防対策に取り組みます。

消毒・殺菌・滅菌の違いは?

消毒

病源微生物をある程度殺すことです。

殺菌

病源微生物を殺すこと、消毒よりは強いのですが、まだ不十分です。

滅菌

物質中の全ての微生物を殺すこと。完全な処理です。

なぜ滅菌・消毒なのでしょうか?

病気の人の歯の削りかす、血液、唾液が、いろいろな機械・器具を介して、他の患者さんのお口の中に入る院内感染が、以前からさまざまなメディアにとりあげられ、特に15年前ほどよりアメリカを中心に言われるようになりました。 この中には、エイズやB型肝炎・C型肝炎など危険な病気も含まれております。
例えばC型肝炎は日本人の60人に一人が、キャリアです。
そして、C型肝炎は一度かかるとなおりにくく、やがて肝硬変そして最後には高い確率で肝臓がんに移行する恐ろしい病気です。
それでも、他の人の口の中に入った使用後の器具の使い回し平気ですか?

しっかりとした対策をすれば、院内感染は心配ありません。

当院では、使用する診療器具・器械を滅菌処理し、徹底した感染対策に取り組んでいます。

一部、滅菌処理できない器具・器械に関しては、汚染させない様な対策(ラッピングなど)を取り入れております。

使用機材


治療に使用後の歯科用ハンドピース(歯の切削器具)には様々な病原細菌やウイルスが存在している可能性がありますので、他の器具類と同様に滅菌をきちんと行う必要があります。

治療後の歯科用ハンドピースに存在している可能性のある微生物(細菌やウイルスなど)、これらもすべて、コンビネーションオートクレーブ滅菌器「DAC UNIVERSAL」[ダック・ユニバーサル]を使い滅菌をすれば、すべて死滅いたします。ご安心ください。

下記に微生物の名前を記しておきます。

滅菌前に歯科用ハンドピースなどの洗浄を行うことは、確実な滅菌を行う上で大変重要です。

【DACユニバーサルによる内部洗浄】
手作業による内部の洗浄は非常に難しいものですが、DAC ユニバーサルを使用することでコントラアングルおよびタービンの内部回路を隅々まで洗浄することができます。

【DACユニバーサルによる外部洗浄】
外部洗浄の工程では、冷水(パルス洗浄)で2回、温水で1回ハンドピースなどを洗浄します。
これにより、バイオフィルムや汚れを素早くより効率的に取り除くことができます。

上記のように、DACユニバーサルはハンドピースの内部および外部を徹底的に洗浄し、最適な滅菌処理が行うことができます。

くが歯科医院では、可能な限りの滅菌処理をして患者様に安全な治療をご提供することをめざしています。どうぞ安心してご来院ください。